宮本武蔵 五輪書

「千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」

宮本武蔵の「五輪書」の言葉です。

「鍛錬」の語源となっています。

 この意味は、「鍛」は基礎が定着するということ。

「錬」は一つの道として揺るぎなく完成すること。

「鍛」には千日(約3年)を要し、「錬」には万日(約30年)を要するということです。

継続的な努力・精進の大切さを説いた言葉です。

私はまだまだ未熟者ですが、大好きな言葉であります。

 

超硬スクラップ、高価買取り致します。

金属の事なら、お任せ下さい。

まずは、お気軽にご相談下さい。

 

倉林産業株式会社 マテリアル事業部
電話 : 027-352-0374 
携帯 : 090-8689-5341 
住所 : 群馬県高崎市下滝町60-17


 

2015/10/09

コメントする

ページトップへ