ハロウィン

ハロウィンの由来

ケルト人の1年の終りは10月31日。
10月31日の夜は、死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると言われており、これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていました。
法王1世が宣教師にケルト人へキリスト教改宗の策として「ケルト人の信仰法である木の伐採は行わずに、木の真上にはキリストの神様がいてそのために木を信仰し続けなさい。と広めなさい」と言ったのが現在のハロウィンとなったきっかけだそうです。

キリスト教は、他にもイベントが今も受け継がれていますよね。
世にあるイベント、一つ一つ深い意味があるのだなと感じました。

2012/10/31

コメントする

ページトップへ