カミソリは安く買えるし、気軽に使えます。
でも、間違った使い方をしてると、肌トラブルなど肌に悪い影響を与えてしまいます。
ついやってしまいがちなカミソリの間違った使い方を紹介したいと思います。

石鹸やボディソープを使う。
同じ泡だから大丈夫。と思うかもしれないけど、
石鹸やボディソープは洗浄力が強すぎるので肌を無防備な状態にしてしまします。

逆ぞりをする。
逆剃りすると肌がつるつるになるからやりたくなりますが、
毛の生えてる向きに逆らって剃る逆剃りは、毛穴を広げ目立つ原因になります。

お風呂で剃る。
お風呂で体を洗うついでにカミソリで剃って後片付けも洗い流すだけと、
便利なようですが、肌が濡れふやかった状態は柔らか過ぎて角質も剃り落としてしまいます。

同じ刃で使う。
使うたびに刃の切れ味は悪くなります。
切れ味の悪い刃は、毛を残すだけでなく肌に負担を与えます。

カミソリをお風呂で保管。
お風呂で剃ってる方がやってしまうことですね。
湿気の多いお風呂場などは、雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。
また、刃が錆びやすくなる原因にもなります。